オリゴ糖 妊婦

オリゴ糖で妊婦さんも便秘スッキリ!

妊婦さんの便秘解消にはオリゴ糖!

妊娠中は便秘になりやすいのですが、辛くても下剤などをすぐに飲むことができないのでとても苦労するところです。トイレでも力むのが怖いという方も多いでしょう。

 

病院、産科でも定期健診のときなど、医師に便秘のことを伝えれば、妊娠中でも飲める便秘薬を処方してくれます。だけど、毎回、こういったお薬は飲みたくないという妊婦さんに、おすすめしたいのがオリゴ糖です。

 

オリゴ糖は自然な成分ですから、薬のように飲んで数時間後にすんなり便秘が解消するというものではありませんが、2〜3回飲むだけで効果が見られます。腹痛にならないのもいいところです。

 

 

妊婦さんの便秘解消に!人気のオリゴ糖

 

5種類のオリゴ糖で便秘解消!

 

たくさんの種類があるオリゴ糖を、便秘解消によく効くようにブランドした高純度のパウダーオリゴ糖です。もちろん、無香料、無着色で妊婦さんにも安心安全です♪お薬じゃないのにかなりの即効性がありますよ。

 

5つのオリゴ糖、無添加♪はぐくみオリゴ 公式サイトへ

 

 

 

 

オリゴ糖100% ⇒ カイテキオリゴ

 

パウダータイプのオリゴ糖です。国産(北海道)原料で作られているので安心♪市販のオリゴ糖のように添加物が入っていませんから、食の安全を気遣う妊婦さんにぴったりの商品です。
1日に付属のスプーン1杯だけでつらいトイレタイムから脱出できます!

 

無添加100%オリゴ糖♪カイテキオリゴ 公式サイトへ

 

 

 

 

オリゴ糖が便秘解消してくれるワケ

 

オリゴ糖は腸まで届くと、そこで便秘解消してくれるありがたい菌「ビフィズス菌」を増やす作用があります。ビフィズス菌は善玉菌でオリゴ糖を食べてどんどん増えていくのです。

 

善玉菌であるビフィズス菌が増えることで整腸作用、蠕動運動がアップして便秘を解消してくれます。

 

 

オリゴ糖は太る!?

 

妊婦さんの気になることというと、体重の増加ですよね。甘いものを食べないようになど制限をしている妊婦さんは、オリゴ糖の「糖」が気になるかもしれません。

 

しかし、オリゴ糖は砂糖と比べてもカロリーは半分程度!そして、注目すべきはオリゴ糖は吸収されにくいことです。砂糖と同じ量のオリゴ糖を食べたとしても、カロリーは半分よりももっと少ないことになります。

 

 

オリゴ糖の食べ方、飲み方

 

オリゴ糖は熱にも強いのでいろんなお料理にも使えます。冷たい飲み物にもすぐに溶かすことができますが、パウダータイプのものは少しざらつきがあることがあります。

 

砂糖と比べた場合の甘さというのは、砂糖の1/4なので料理に使う場合は、砂糖+オリゴ糖で作るほうがいいですね。

 

砂糖よりも値段が高いし、いくら便秘にいいといってもオリゴ糖も取りすぎると逆にお腹を下してしまうこともあるそうです。もちろん、普通に推奨されている分量を飲んだり、食べたりするのには問題ありません。

 

便秘解消のためにオリゴ糖を摂取する場合、その商品にもよりますが5〜10gが目安といわれています。

 

 

オリゴ糖は何からできている?

 

いくら便秘にいいよといわれても、妊娠中というのは食べ物、飲み物に注意が必要です。妊婦さんは安心、安全なものをちゃんと選ぶようにしないといけませんよね。

 

オリゴ糖はバナナなど果物にも普通に含まれています。しかし、ガンコな便秘が治るほどに整腸作用が期待できる量を食べ物かた取るのは大変なことです。

 

上で紹介しているカイテキオリゴという商品は、北海道産のてん菜からオリゴ糖を取り出したものです。自然なまじりっけなしの100%オリゴ糖なので安心です。

 

国産の原料を使っているところがいいですよね。

 

 

 

妊娠中に便秘で悩み妊婦さんはとても多いです。やたらめったら薬は飲めないし産科でもらえる薬があまり効果がないという人もいるみたいです。食べ物にも気をつかって規則正しく生活していても普通の時とは状況が違いますものね。オリゴ糖で便秘解消をするというのはとても安全ですから安心していられます。妊婦の便秘は治せます!

辛さと独特な香りが特徴的な韓国の健康食品であるキムチ。意外な事にキムチには高い便秘解消の効果があり、この事はあまり知られておらず、初めて耳にされて驚かれる方は少なくないかもしれません。

 

しかしキムチは元々保存食として使用する為に考えられた発酵食品であり、乳酸菌が多く含まれているという事もあって便秘解消の効果は絶大なのです。乳酸菌の数は1グラムあたり1億〜数億個にも達すると言われており、ヨーグルトなど他の乳酸菌を多く含む食品にも全くと言っていいほど引けを取らず、その乳酸菌の種類は生きたまま腸で活動をする「植物性乳酸菌」であるという特徴があります。

 

また、キムチの原材料は主に白菜やニラ、ニンジンなどの食物繊維を多く含む野菜を使用しているため、キムチを食べる事によってよりお腹をスッキリさせる効果を狙う事ができるのです。最近は国産の野菜の実を使っている商品もたくさんあるので安全のためにはこういったものを選ぶといいかもしれませんね。

 

尚、食物繊維は腸内の環境を良くするための善玉菌を増やす「えさ」となる成分でもあるため、腸の中で乳酸菌を更に増加させる効果を持っており、便秘解消目的のためにキムチを食べる事は他の食品で便秘を治すよりも理に適っていると言っても過言ではありません。

 

その他にも、キムチに使用されるトウガラシには消化を良くしたり、体を温める効果があるのでより代謝の良い体質になれることが期待できます。でもなんと言っても重要なのは毎日欠かさずに食べ続ける事であり、少量でも摂り入れる事が大切です。

 

せっかくキムチを食べてお通じがあったとしても、毎日続けなければ自然と乳酸菌が増えることはないので元の状態に逆戻りしてしまいます。常に腸内の乳酸菌の数を保つためには毎日のキムチ生活を続ける事で乳酸菌を摂取し、腸内環境を保つ事が重要です。

 

妊娠中は塩分の取りすぎも注意しなくてはいけませんよね。商品ごとに塩分の低いものもあるのでそういったキムチを選んで量を調整しながら、便秘の予防や便秘解消へどのくらい食べると効果が出るか見極めていきましょう。

オリーブオイルにはオレイン酸という成分が含まれており、健康・美容・便秘解消に有効な食品だと言われていますが、実際にオリーブオイルの生産で有名なイタリアの人々は、古くから健康の為にオリーブオイルをスプーン一杯飲むということを習慣にしている人が多いようです。

 

オリーブオイルに含まれているオレイン酸は、主に悪玉コレステロールを減らすので動脈硬化などの予防に効果的だと言われていますが、その他にもオリーブオイルは小腸の働きを促す効果があり、硬い便を軟らかくする効果もある為、便秘解消にも有効な食品だと言われています。

 

色々な種類があるオリーブオイルの中でも、オレイン酸を豊富に含み加熱せずにそのまま摂取できる、新鮮なエキストラバージンオイルが良いと言われていますが、だいたいスプーン1、2杯のオリーブオイルをそのまま飲むのが良いようです。

 

ただし、オイルをそのまま飲むことに抵抗がある方は、他の食品と合わせて摂取しているようですが、オリーブオイルはあまりクセが無いので殆どの食品と相性が良いですし、幅広い料理にも応用することが出来る便利な油です。

 

シンプルで簡単なのは納豆やヨーグルトに混ぜるという方法ですが、納豆は乳酸菌を増やす働きがあり、ヨーグルトには乳酸菌が含まれているので、オレイン酸の効果と合わせて腸内環境も整えるというダブルの便秘解消効果が期待できそうです。

 

また、色々な野菜と合わせて食べるという方法も便秘解消には効果的で、特に食物繊維を多く含む野菜と一緒に食べると腸内環境を整えて便を軟らかくする効果も期待できます。

 

その他にも、便秘解消に有効な食品に限らず、美容に良いとされるビタミンを多く含む食品等と合わせてオリーブオイルを摂取すると、便秘解消と同時に美容効果も上がるので一石二鳥です。

 

オリーブオイルは体にも優しい自然食品なので、妊娠中でも安心して取ることができますよね。日々の食生活で上手に活用しながら妊娠中の便秘解消にぜひ役立当ててみてはいかがでしょうか。

便秘解消に有効な食べ物は、豆乳や牛乳、ヨーグルトなどがあります。同じ食品を続けてとるといわゆる慣れて来てあまりドンピシャの効果が薄れてくることももちろんあります。そういう時は、一日で一番便意が来やすい朝に焦点を絞って、これらの食品をとることをおすすめします。

 

解消のこつとしては、朝のトイレを逃さないという点があります。朝はどうしても忙しいので、多少の便意をやり過ごしてしまう事があると思います。朝を逃すとそのまま日中は難しくなるというパターンとなってしまう事が多いと思います。ですから朝、特にいいとされる豆乳などで、腸に刺激を与え、トイレを逃さず行くという基本が結構大事となって来ます。毎日の朝のお通じを意識的にチェックするだけでも、違ってくると思いますよ。

 

食物繊維たっぷり

 

便秘解消にいいとされるのはやはり食物繊維の多いものですね。サツマイモなども効果があると知られていますし、果物ではバナナがあります。こういった食物繊維の多い野菜をたっぷり使った手作りのスープがおすすめのメニューとなります。

 

かぼちゃも食物繊維が豊富に含まれていて、そのスープの作り方として、ゆでたカボチャ、玉ねぎをミキサーにかけ牛乳、コンソメなどで味を調えたものなどがあります。そのままの野菜では一度に摂取しにくい量を、スープではミキサーにかけているので、一度に多くの野菜を摂取できます。有効な食材のカボチャとあと牛乳も入っているので、2重の食材の効果があり、即効性も期待できるメニューとなります。

 

スープにはおからをちょっと加えるというのもいい方法です。おからは大豆を蒸して絞ったあとに残るもので食物繊維がとても多いです。舌触りはわるいスープになりますがちょっと加えてあげると一気に繊維量をアップすることができますよ。

 

繊維をたくさん摂っても便秘解消につながらないという方もいます。そういう方は腸内環境がすごく悪くなっていることがほとんどです。そういった場合はオリゴ糖などを使って善玉菌が増えるお手伝いをしてあげましょう。オリゴ糖は便秘に効くといっても何日もかかるイメージがあるかもしれませんが、下剤ほどではなくとも数日で効果が表れますからぜひ試してもらいたいです。

 

⇒添加物が入ってない安全なオリゴ糖

 

妊娠すると胎児が成長する影響で内臓が圧迫されて便秘になりやすいと言われています。

 

また、それだけではなく妊娠三ヶ月を過ぎる頃からは、お母さんの体が出産へむけての準備を進めるためのホルモンの分泌が始まって内臓を支える骨盤周辺がゆるくなってしまうのです。

 

そして、妊娠していないときに比べて便の通り道である腸も圧迫されることで狭くなり便秘になりやすくなってしまいます。

 

妊娠すると腰痛が起きやすいのも、そのホルモンの影響で骨盤が広がることで腰への負担が増してしまうせいでもあります。

 

胎児が成長していくことだけが原因ではないので、妊娠中の女性も使える骨盤ベルトで腰を支えることで腰痛は軽減することができます。

 

便秘がつらいと言って、骨盤ベルトのように外から働きかける道具はありませんし、お薬も胎児の影響を考えると控えたいところ。

 

しかし、便が出ないとお腹の痛みだけではなく全身の不調の呼び水にもなってしまうので、薬を飲む前に水分を補給する(このとき冷たい水を飲むと体を冷やすので湯冷ましやお茶など身体が温まるものを選ぶ)、普段から玄米や海藻サラダなどの繊維質のあるものを食べ、納豆やヨーグルトなどの発酵食品で腸内環境の改善を目指すと良いでしょう。

 

特に水分補給は大事です。運動は転倒の危険があるものは控え、軽めのものをするとより良いでしょう。

 

体が冷えると内臓も冷えてしまい、腸内活動も控えめになるので温かいものを摂って腸内を活性化させると便秘の解消へつながります。

 

妊婦の便秘は良くある話なので、もし腸内環境改善をしているのに便秘が治らない場合はかかりつけの病院へ相談しましょう。

 

最近毎日出ない・・・なら妊婦さんにぴったりのオリゴ糖

妊娠をしていると、ホルモンバランスの他にもお腹の赤ちゃんに体の水分が回ってしまうとこで便秘になりやすくなるといわれています。

 

お母さんのほうは水分が足りない環境になる事が多いんですね。特に元々便秘の傾向がある人の場合だと妊娠中にも便秘になる確率がかなり上がりますし、これまで便秘になってたことが無い人でもとたんに便秘になる事例も多い様です。

 

なお妊娠中の便秘は程度や期間は個人差があれど5割程度の女性が経験しています。

 

通常時なら下剤を飲めばいいし大丈夫と鷹をくくっていても、妊娠中は同じようにはいきません。

 

下剤は胎児に悪影響を与えてしまいますし、最悪の事態では流産する場合もありますので、便秘で苦しい場合には医師に相談して体に合う薬を処方してもらうのが一番無難と言えるでしょう。

 

この場合はちゃんと妊婦さんでも安全に飲めるものを処方してくれるので心配はいりません。

 

 

便秘気味だと感じたら早めに対処を!

 

便秘が何日も続いてからだと大変なのでそうなる前に自分でできることをしていきましょう。日常的な行動を見直す事でも便秘を予防・解消できるでしょう。

 

例えば脱水にならないようにしたり、繊維質を多く含む食事をとるように工夫したりすると腸内にたまった老廃物を外に出すようにも働きかけてくれます。

 

また、便秘を引き起こす理由の一つとして運動不足も挙げられます。

 

ちょっと近所を散歩したり、スイミングもいいでしょう。本格的に泳がなくても水の中で歩いたりするだけでお腹にちょうどいい刺激がかかり、老廃物を出そうと作用します。

 

また、妊娠中の不調に効くヨガなどで体をほぐして柔らかくすると気持ち的にもスッキリして精神的にも落ち着くので、軽い運動を取り入れると良いと思います。

 

妊婦さんの便秘に特におすすめ⇒オリゴ糖

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
妊婦 オリゴ糖